このブログの存在意義

独り言を言う?

私は言うよ。

何を言う?

普段、私は「出来るよ!」って言う。でも時々、できないと思って諦めてしまう。

2012年、MBAスクールで、クラスメートの前で公に約束として、久しぶりにランニングを再び始めた。自分に対してその約束は今も持ち続ける。このブログは私の続けるストーリー。

インスピレーションは日本人作家で熱心な長距離ランナー村上春樹。村上は苦しみはオプショナル(こちら次第)と言い、「できない」と思うと、身体は脳に従って止まる。

ランニングは自分自身をより良くするために継続的な毎日の戦いを表す。生活と仕事の挑戦に対する準備になる。

時には否定的な考え方により苦しむことを選択したことがある。こういった時にランニングだけでなく生活でも進歩が最も遅い。村上も痛みは避けがたいとも言った。苦難を経由せずに、次のレベルに達することはない。

ランニングは、真空中で発生しない。私にとって、日本、いや世界各地を参照する方法となっている。「自己との戦い」というのは常により良い人間であろうと頑張るという意味になる。

40代の夫、子供3人の父親で、毎日自然と接する、より良い環境で子供たちを育ちたいと気付き、最近、家族と一緒に東京から兵庫県に引越して来た。この選択は完全に無私無欲の行動でなかった。毎朝毎晩、いなり寿司みたいに電車に乗り込むのがあまり好きじゃなかった。

このブログは私の続ける子育て、生活の中の経験や観察、思案、ランニング、田舎暮らしなどについての旅。

ぜひ、ブログを読んでみてください。より面白く書けるように、フィードバックをコメント欄に書いておいてください。

よろしくお願いします。